赤ちゃんの便秘解消なび

ママが必ず知っておきたい赤ちゃん便秘解消のための基礎知識

第一位

はぐくみオリゴ

はぐくみオリゴ
初回価格1,840円

効果:★★★★★
飲みやすさ:★★★★★
安全性:★★★★★
口コミ評判:★★★★★

もっと詳しく見る

第二位

カイテキオリゴ

カイテキオリゴ
初回価格2,758円

効果:★★★★☆
飲みやすさ:★★★★☆

安全性:★★★★★
口コミ評判:
★★★★☆

もっと詳しく見る

第三位

つるっとファイバー

つるっとファイバー
初回価格6,480円(通常と同じ)

効果:★★★☆
飲みやすさ:★★★★☆

安全性:★★★☆☆
口コミ評判:★★★☆☆

もっと詳しく見る

4~6ヶ月 

ここでは、生後4ヶ月~6ヶ月の赤ちゃんの便秘について解説しています。

<4~6ヶ月の赤ちゃんの便秘対策ならこれ!オリゴ糖ランキング>

4ヶ月の赤ちゃんの便秘、その原因と対処法

5ヶ月の赤ちゃんの便秘、その原因と対処法

首がすわり、長時間の外出をする機会も増える4ヶ月頃。

日々の生活と異なる長時間の外出が、便秘の原因になる赤ちゃんもいるようです。大人でも、旅行先で便秘になる人がいるのと同じことです。

生活に規則的なリズムを作ってあげることが、便秘予防や改善法につながります。

昼夜の区別がしっかりしてくるので、起きる時間、寝る時間を決めましょう。授乳、散歩、入浴なども、だいたい同じ時間帯にしてあげましょう

また、この頃から太り過ぎないための生理的現象で、急にミルクを飲む量が減る子がいます。

飲む量が減ればウンチも少なくなり、排便間隔が長くなることも考えられます。心配しすぎないように!

一時的な便秘の場合は3ヶ月健診で問題がなければ、乳幼児用のイチジク浣腸を使用することもできるようになります。

しかし、慢性的な便秘にくり返し使用すると、くせになって便が出なくなる可能性もあります。慢性的な便秘の場合は、主治医の指示に従いましょう。

5ヶ月の赤ちゃんの便秘、その原因と対処法

いよいよ離乳食がスタートする5ヶ月の赤ちゃん。

母乳やミルクしか口にしたことのなかった赤ちゃんが、食べ物を初めてお腹に入れます。

食べ物を消化吸収する機能が整ったとはいえ、実際、この時期に便秘を経験し、薬のお世話になる赤ちゃんも少なくありません。

離乳食が始まると便秘の原因も様々です。主な原因には、水分不足と腸内環境の変化が考えられます。

水分不足になるのは、今まで飲んでいた母乳やミルクの量が減るため。トータルで水分量が減ってしまうからです。

離乳食の後に、母乳やミルクもしっかりあげましょう。また、白湯や麦茶などによる水分補給も心がけましょう。

腸内には、今まで経験したことのない食べ物が入ってくるので、バランスは乱れがちです。

腸内バランスを整える作用のあるりんごがオススメ。果汁やすりおろしで与えましょう。

また、腸内環境を整えてくれるビフィズス菌を増やす効果のあるオリゴ糖も効果的です。

6ヶ月の赤ちゃんの便秘、その原因と対処法

6ヶ月の赤ちゃんの便秘、その原因と対処法

ついにお座りを始める6ヶ月目の赤ちゃん。離乳食が2回になり、より水分不足に注意が必要です。

離乳食に慣れてきたこの頃、便秘対策には果物がオススメです。浸透圧の高い果汁は腸を刺激し、腸の働きが活発になります。

果汁に含まれる果糖は、固くなった便をやわらかくする作用もあります。

特に、整腸作用のあるりんごはオススメ。

すりおろしなら、食物繊維もとれますね。みかんやももなどの果汁もオススメです。

量が多すぎると下痢にもなりやすいので、はじめは白湯で2~3倍に薄めたものを、1日1回30ml位を目安に始めてみましょう。